シアリスがEDの僕を救ってくれた話

シアリスのジェネリック薬は妊娠に悪影響はない?

シアリスはジェネリックでも妊娠に影響しない?シアリスはED(勃起障害)治療薬のひとつで、これにはジェネリック薬も登場しています。ただし、日本国内では認可されていないので、欲しいのならばネット通販で個人輸入する必要があります。
シアリスは妊娠に影響がない薬と言われていますが、そのジェネリック薬でも問題ないかは心配になることですね。
結論から言うと、シアリスのジェネリック薬でもシアリスでも、妊娠に悪影響を与える心配はありません。
シアリスもそのジェネリック薬も、どちらもタダラフィルという成分が使われています。タダラフィルはPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害する働きがあります。
PDE5の何が問題かというと、この酵素は血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を壊してしまうのです。すると血管が十分に広がらなくなり、ペニスの海綿体に流れ込む血液の量が少なくなってしまいます。
EDの男性は、このPDE5酵素がペニスに多く分泌されているため、通常よりも勃起が起こりにくく、維持しづらくなってしまいます。
タダラフィルはこのPDE5酵素がcGMPを壊してしまうのを阻害することで、全身の血管を広げて勃起しやすくしてくれる成分です。
血管を広げるという作用だけなので、妊娠にも悪影響はありません。実際、世界中でED治療薬が使われていますが、多くのカップルが健康な子供を授かっています。
心配はないといっても、後でパートナーともめないようにED治療薬を飲んでいることは伝えておきましょう。特に個人輸入した薬については、偽物が多く出回っているのが現状です。
本物なら安全ですが、偽物だとパートナーに対しても思わぬ健康被害が出てしまうこともあるので注意しましょう。

EDを救うシアリス